不動産関係のライセンス|行政書士は通信講座で学べ|未来に役立つ!

行政書士は通信講座で学べ|未来に役立つ!

不動産関係のライセンス

地図と模型

実はお得なW受験

宅建士の試験に合格するのに必要な試験範囲は大きく権利関係、宅地建物取引業法、法令上の制限、その他関連知識(税や価格の評定など)の4種類に分けられます。いずれも宅建士として必要不可欠な知識ですが、実はこれらの知識のうち、民法、宅建業法、借地借家法、区分所有法、建築基準法など、多くの範囲が被っている資格があります。それが「管理業務主任者」と呼ばれる、マンション管理のエキスパートの証となる資格です。不動産関連の業務に従事する人にとって、持っていて損のないこれら2つの資格は、近年の試験の出題形式や難易度が似通っているという特徴があり、せっかく学んだ知識を最大限活用する、という意味で、両資格を同一年度に取得する傾向が高まっています。

法律の改正に注意

宅建士の資格試験に合格するために注意すべき点のひとつに、法律の改正にどう対応するか、という問題があります。宅建士の試験問題は、あくまで毎年4月1日現在において施行されている法令に則って作成されます。そして法律というのは、得てして毎年のようにたくさんの改正がなされているものです。しかも、法律の改正点は、資格試験の出題ポイントとなりやすいため、しっかりと押さえておく必要があります。専門の学校で本格的に勉強している場合、教える側も当然そのことをわかっていて、その点もしっかり教えてくれるので問題ありませんが、独学の場合、市販の書籍によっては刊行時期との関係で、試験年度の改正点が盛り込まれていない場合もあるので注意が必要です。